肝臓がんの症状チェックリスト

肝臓がんの症状チェックリスト

肝臓がんは人体の化学工場との別名を得ていることからわかるように生命活動維持の上で極めて重要な機能を担っています。3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂肪の栄養分が人体の細胞が利用可能な状態に加工する代謝機能があるからこそ、食物から人体が利用可能な物質を生成することが可能になっているのです。
これほど重要な機能を果たしているにも関わらず、肝臓細胞の再生機能が旺盛なため、多少のダメージを受けても自覚症状が皆無の場合もよくあります。症状が出て来れば思った以上に病状が進行していることも良くあります。
ですので肝臓が少し気になる場合は肝機能復活のための対策を考えましょう。
本稿では肝臓がんを疑うべきチェック項目を検討しましょう。
最も注意すべきなのは黄疸です。胆管に排出されるべきビリルビンを含んだ胆汁が、がんで胆管が詰まってしまい、肝臓に逆流している状態を示唆しています。皮膚が黄色くなるばかりでなく、目の白目部分が黄色くなるかどうかチェックしてみましょう。黄疸症状には全身にかゆみを自覚することもよくあります。
肝臓がんでは肝臓機能が低下していることが多いため、細胞内に水分を保持するアルブミンと言う物質を十分に生成されず腹水を併発することもよくあります。腹回りが急激に大きくなった場合は腹水の可能性があります。
がん自体が成長するとしこりをみぞおち周辺で探知したり、神経細胞にがんが取り付くと頑固な鈍い腹痛に悩まされることもあります。